地球にそうだん

地球も納得の低姿勢ブログ

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
目標達成の秘訣100
目標達成の秘訣100 (JUGEMレビュー »)
ロジャー ブラック, Roger Black, 梶原 建二
RECOMMEND
RECOMMEND
どーもくんの不思議てれび
どーもくんの不思議てれび (JUGEMレビュー »)

川をくだるカヌーレースには1週間ぐらいはまりました。
鳥のヒナにイモ虫を食べさせるゲームもぐっときます。
まだまだ未知のゲームがありそうなので向こう1年ぐらい楽しめそう。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
感心な接着剤
いままで何でもかんでも瞬間接着剤を使っていましたが、くっつけたものが熱で小さな伸び縮みを繰り返したりする場合、瞬間接着剤はその伸び縮みに追いつけずにはがれてしまいます。

例えば、iPodの接続ケーブルのコネクタ部分を包んでいるプラスチックがはがれた場合、瞬間接着剤で修繕すると電源アダプタの熱の影響ですぐにはがれてしまいます。

そこで、もっと便利な接着剤を探してきました。
すごい接着剤
これなら固まってからも柔軟性があるので、熱を受けても大丈夫です。

先日、硬質シリコン製の湯沸しポットの取っ手部分が折れてしまい、この部分は熱と重さを受ける部分なのでかなり丈夫さが求められますが、この接着剤なら大丈夫そうです。
| 地球にえいぎょう | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
生の音楽をハートに届ける楽団
11月12日に、文京シビックホールで「ファミリーコンサート」と題される音楽会が催されます。
東京ハートフェルト・フィルハーモニック管弦楽団
http://thpo.jp/


[曲目]
L. モーツァルト: おもちゃの交響曲
プロコフィエフ: 交響的物語「ピーターと狼」
== 休憩時間中に室内楽演奏・ふれあいコーナーがございます ==
シュトラウス: ラデッキー行進曲 (指揮者体験コーナー)
アンダーソン: 舞踏会の美女
チャイコフスキー: 序曲「1812年」

今話題の「モーツァルトのお父さん」の曲がありますね。「1812年」は高校生の頃に暗記するほど聴いた記憶があります。

サトーは他の予定があるので当日のレポートができなくてとても残念です。
普段は会社勤めなどされている演奏家の皆さんが、とてもレベルの高い演奏を聴かせてくれるとのことです。運営者に旧知の方がたがいることもありますが、演奏者以外の運営担当の方々にも志の高さを感じています。

ファミリーコンサートというタイトルですが、仕事をしながら芸術もやりたいと思っている人や、自分にも社会貢献活動ってできるの?と興味を持っている人にとっても勇気付けられるものがあると思います。

ホームページより:
設立趣旨

[目的]
音楽を通した地域社会活性化のための活動や低年齢層における音楽文化の定着を目指した特別演奏会などを行う
社会福祉施設や公共施設などにおける訪問演奏を通し、音楽に触れたくても機会を持つことが困難な方々にして、無償もしくは非常に安価に芸術文化の提供を行う

ご覧になられた方のトラックバックなど、歓迎いたします。
| 地球にえいぎょう | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
散らかった部屋が心地よすぎて、手に入れたもの全てを無駄に。
私の部屋の乱雑さは知人の間で有名です。
床一面に書類が散らばっていて、四方の壁にモノが積み上げられています。
収納の引き出しの一つ一つに文具、紙切れ、薬剤、工具類などが、似たような比率で入っています。それぞれを分別するということが出来たためしがありません。

この本の第4章によると、幼い頃に感じた感情(本によると「個人的な深いわけ」)が、上記のような「惨状」を、「このほうがいい。」と錯覚させているそうです。

だから片づかない。なのに時間がない。「だらしない自分」を変える7つのステップ
だから片づかない。なのに時間がない。「だらしない自分」を変える7つのステップ
マリリン・ポール, 堀 千恵子

私の場合を考えてみました。
幼い頃、自分の部屋などは無く、おもちゃ箱がパーソナルな空間でした。
その中には12歳上と8歳上の兄が遊んでいたおもちゃが詰まっていて、その何割かは壊れたおもちゃでした。トータルで見ると、「どこから来たか分からないもの」「何のために作られたかわからないもの」が5割ぐらいでした。
そのおもちゃ箱の写真が今あったら、おそらく40センチ四方ぐらいのとてもちっぽけなものだと思います。しかし、12歳になる頃にはそれが5段の引き出しに発展していました。

それから20年経った今、部屋中がそうなっています。
この問題の対処は第13章で掘り下げられるそうです。今、猛烈に読み進めています。
| 地球にえいぎょう | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
タンタントゥームで会いましょう。
友人のmossaが主催するクラブイベント「タンタントゥーム」の3回目にDJとして参加することになりました。

タンタントゥーム
タンタントゥーム3
日付:2006年3月4日(土)
時間:17:30〜22:00

出演者:(出演順。()内はサトーによるプチ解説。)
ジャンジャックサトー(フリー録音家)
MEME(お祭りサウンド)
ITOWCHAN(90年代サブカルチャー的サウンド)
KATCHAN (うねりグルーブ)
小樽ウンガーズ(ローカルメディアアート)
MOSSA(タンタントゥームなロック、ポップス)

場所:吉祥寺BAR DROP
ドロップHP:http://www.drop.co.jp/pcindex.html
料金:2000円+1ドリンク

今回の参加DJは全員ミクシィに参加していて、タンタントゥーム公式のコミュニティもつくっています。
| 地球にえいぎょう | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
たまゆら ロック フェスティバル 2005
手作り系野外フェス「たまゆら ROCK FESTIVAL」のホームページのためにテーマ曲をつくりました。1998年ごろからジャンジャックサトーとして音楽を制作していて、今回は久しぶりにライブイベント出演となります。

> たまゆら ホームページ

たまゆら ステージマップ

「たまゆら」で演奏する曲の自宅リハを公開中。
| 地球にえいぎょう | 12:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
ゲームにはまりすぎてブログで紹介するヒマがない。
スタート地点ではコタツの上とか自動車の下とか、ちっちゃい世界をコロコロ転がして回ります。
塊魂 PlayStation 2 the Best
塊魂 PlayStation 2 the Best
そして、乾電池やケシゴムをくっつけて回るうちに雪ダルマ式に大きくなって、自動車とか建物までくっつけるようになります。

おしまいには、海に浮かぶ島や雲や虹まで、なにもかもくっつけます。
その途中で、「あ、この島、、、最初にスタートした街がある島だ。」とか、
続きを読む >>
| 地球にえいぎょう | 20:41 | comments(4) | trackbacks(0) |
「所有」するリスクと環境問題をタネに事業化
自動車を持っていると維持費がかかるし、もしも災害などで被害を受けると全部の損害をオーナーがかぶるというリスクがあります。
先日、北海道で会員制で自動車を共有するカーシェアリングを事業化するというニュースがありました。
東京や福岡など、他の都市でもポツポツとあります。

経済的で環境にも優しいということを売りに、「便利さ」が充分になれば採算が取れるという目論見のようです。

所有にかかるコストと、共有するコストとの比較はケースバイケースだと思いますが、
続きを読む >>
| 地球にえいぎょう | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
どーもくんの不思議テレビ
GAMEBOY ADVANCE SPで遊べるゲームを2ヶ月ほど探しまくった末に行き着いたゲームがこれです。



ゲームスタート時に選べる番組(ゲーム)はごくわずかですが、1日1日のポイントをメモリーしてくれて、努力に応じて選べる番組が増えていきます。
毎日プレイしましょう。
続きを読む >>
| 地球にえいぎょう | 12:58 | comments(3) | trackbacks(0) |
タイモと島らっきょうに出会った店
ニライカナイ
検索サイトで「タイモ」と「島らっきょう」を検索してこのブログにたどり着いている方がいるようなので、実物に会える沖縄料理店をご紹介します。
続きを読む >>
| 地球にえいぎょう | 12:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
演奏者とマイクロフォンの間にある空間を再現
普通のスピーカーでは、スピーカーの位置から奥の方の空間に演奏者のステージがあるように感じますが、Yoshii9を試聴してみて、スピーカーと自分の間の空間にステージがある感じがしました。
これはある種の錯覚かもしれませんが、録音時にマイクロフォンに届いた音を耳元で感じたような気がします。


従来のスピーカーと比べてキテレツな形に見えますが、
次の機能を持たせるために考え抜かれた構造になっています。

スピーカーユニットに不要なぐらつきを与える平たい板(バッフル)を持たない。
スピーカーユニットの裏側でできる音波が外に漏れない。反射しない。
続きを読む >>
| 地球にえいぎょう | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
このページの先頭へ